オリ・パラ組織委員会の会長選

 

森氏が辞任の意向を表明すると思ったら、

後任を自分で決め、相談役に残る、ことが報道され、

またまたとん挫。

自分達のやっていることが、全く理解できていないのですね。

そして、やっと、選考委員会は男女同数、アスリートも入れる、

ということに落ち着いて、新会長を選出することになりましたね。

これが、あるべき姿です。

最初からこうすべきだった、という事です。

 

今後、企業や組織が生き残るために、

今回の「事件」は大きなヒントになると思います。

「役員になる女性がいない」

「数だけ女性を入れると、優秀でない人を登用しないといけない」

「優秀な男性が男性というだけで排除される」

と言う声が聞こえてきます。

その組織で、なぜ役員になる、なりたい女性がいないのか、

を考えることが必要。

優秀な男性は、本当に優秀か、

もし男性だけが優秀なら、女性が優秀になれない土壌がないか、

そういうことを考えなければ、何も変わらないと思います。

女性も、私には無理、と考えるなら、

何故無理なのか、環境を改善する必要があるなら、提案する。

モチロン、女性を障がい者に置き換えて

同じことを考えることも必要です。

 

このピンチをチャンスに生かさない手はありませんよ!

 

 


2019年11 月11日 (月)

2019年6 月19日 (水)

2018年7 月 1日 (日)

2016年7 月27日 (水)

2014年7 月21日 (月)

2014年6 月22日 (日)

2013年6 月 7日 (金)

2007年12 月18日 (火)