一般質問の1つは、「産後ケアの充実」について

 

伊丹市産後ケア

 

6月議会の一般質問が終了しました。

質問の1つは、「産後ケアの充実について」でした。

 

令和2年からスタートした産後ケアですが、

市によって取り組みが違います。

伊丹市は、お産ができる2つの病院

(市立伊丹病院と近畿中央病院)での、

・入院延長による宿泊型産後ケア

・再入院による宿泊型産後ケア

がメインです。

 

それに加えて、

・伊丹シティホテルで助産師のケアを受ける、通所型産後ケア

 

両方の産後ケアを利用した人は、令和3年度に出産した人のうちわずか24人でした。

 

 

各市の産後ケアの比較

 

阪神間の他市では、

助産師さんが褥婦さんのおうちを訪問して、

おっぱいケアや沐浴の指導、ママの精神的身体的メンテをしてくれます。

こちらは、入院型やホテル使用型に比べて、かかる経費は4分の1程度。

自己負担も1000円から2000円と気軽にケアを受けることができます。

残念がら、伊丹市ではこの訪問型ケアは実施していません。

 

答弁では、

・1歳半健診でアンケートを取り、ニーズを把握する

・訪問型ケアの導入について、要望が高ければ検討する

・ママの自己負担額も検討したい

・民間の助産院・助産師の協力も考えて行きたい

ということでした。

 

来年度の予算では、

使いやすい産後ケア制度になるよう、

引き続き、担当課と交渉していきたいと思っています。

 


2022年6 月12日 (日)

2022年5 月30日 (月)

2021年10 月28日 (木)

2021年8 月 2日 (月)

2021年5 月24日 (月)

2022年7 月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
Powered by Typepad
登録年月 07/2006
フォトアルバム