非難されるのは、それを許してきた日本の社会でしょう。

 

森元首相、オリ・パラ組織委員会会長の発言が物議をかもしています。

日本国内に留まらず、世界からも批判の声が集まっています。

森喜朗氏、83歳。昭和12年生まれ。私の父とほぼ同年代。

男女平等とかジェンダーとか、考えずに男社会で生きてきた人でしょう。

森氏の女性蔑視意識は過去の発言からも、

誰もが、そういう人物であることを、はっきりと認識していたはずです。

森氏が発言を撤回し、謝罪したところで、森氏の考え方は変わりません。

謝罪会見でも「私が非難されるのか、こんなに頑張っているのに」

と思っておられたことでしょう。

 

戦後の高度成長期には、女性が家庭で家事、育児、介護、夫の世話を担い、

男は2倍働き、国や企業は給料と言う形でそれを評価した。

焼け跡からの復興、経済大国を目指す日本にはその選択肢しかなかったのでしょう。

そういう時代に働き、議員になり、総理大臣にもなった森氏。

男社会でしか生きてこなかった、

政府が「男女共同参画」「女性活躍」と政策を掲げても、

それを学ぼうとも、それを知ろうともしてこなかった。

また、残念ながら森氏が今まで生きてきた世界では、

女性が1個人として位置づけられる姿を見たことが無かったのでしょう。

党内に女性議員がいて、大臣になってはいても、

それは、「お飾り」としての「女性活躍」でしかなかった、

または、数合わせの女性登用でしかなかった、

だから、あのような発言が出たのでしょう。

 

恥ずべきは、それを知りながらオリ・パラ組織委員会会長を任せた、

そして、森氏なら調整力がある、余人に代えがたい、

と言ってきた、日本の社会。

それこそが、非難の対象であり、

世界から批判されていることだと思います。

 

GGI(ジェンダーギャップ指数)は、

教育、政治、経済、健康の4分野で男女のギャップを示します。

日本は、2020年の発表では121位でした。

世界の国々は、日本121位の理由をはっきりと知ることができました。

 

本人は、辞任する意向は無い、とおっしゃっています。

当然です。森氏は何もしていない、あるがままの自分を出しただけ。

国民や日本政府や東京都が、

今回の事態で明らかになった、

日本社会に根付く女性蔑視や女性差別をどうしていくのか、

その対応で日本の真価が問われます。

 

 

 

 

 

 


2019年3 月 9日 (土)

2019年3 月 8日 (金)

2019年3 月 6日 (水)

2019年3 月 4日 (月)

2019年2 月 5日 (火)

2019年2 月 1日 (金)

2018年12 月17日 (月)

2018年12 月16日 (日)

2018年7 月 3日 (火)

2017年4 月18日 (火)