ギフト・エコノミー☆「買わない」暮らしは可能か?

 

Gift economy

(山ほどいただいた山椒の葉っぱ、木の芽です)

 

書評を読んで、すぐに買ってしまいました。

環境系の実践書籍は、アメリカやカナダの翻訳ものが多く、

日本の生活習慣には少し取り入れにくいものがあります。

 

 

筍の木の芽和えを作るために木の芽を買いに行かなきゃ、

と思っていたのですが、知人宅に山椒の木があったことを思い出して、

厚かましくも電話をかけ、分けて頂戴!と言ったところ、快諾。

菜園の野菜も携えて、久しぶりに訪れると、

「コロナで人にも会わないので、来てくれてありがとう!」と

言ってもらえました。

木の芽をいただいただけでなく、彼女と話しができたこと、

元気に過ごしていることが分かって、とても嬉しかった。

お金で買っていれば、彼女の家に行くことも話をすることも無かった。

「買わない生活」が思いがけないプレゼントをくれました。

 

 

100均でなんでも買えるので、すぐ買ってしまう癖がついています。

探す、工夫する、誰かに借りる、誰かからもらう、

という、買う以外の手段を忙しさにかまけて除外しています。

それを気づかせてくれました。

 

 

本のタイトルは「ギフト・エコノミー」なので、本の中の実践は、

「自分の持っているものをあげます!」から始めています。

先に「これを下さい、これを貸してください」というニーズが

わかっている方が無駄がないように思います。

自分の使わないモノが誰かの役にたてるのなら、モノが生き返ります。

メルカリやジモティーなど不用品を必要な人に売るサイトがありますが、

無料でください、上げます、はなかなか広がりにくいようです。

何とか地域で立ち上げることができたらなあ、と考え中です。

 

 


2018年12 月17日 (月)

2018年12 月 7日 (金)

2018年12 月 4日 (火)

2018年9 月15日 (土)

2018年9 月12日 (水)

2018年8 月14日 (火)

2018年7 月 6日 (金)

2018年6 月15日 (金)

2018年5 月18日 (金)

2017年4 月 3日 (月)