川西市は統廃合による園区外通園に、公費で個人にタクシー代を負担?

 

月30日の朝日新聞の記事にびっくりしました。

お隣の川西市の記事です。

 

(朝日新聞7月30日朝刊)***

 入園予定の幼稚園が廃園になる1家族2人の3歳児の通園のために、

川西市が全額公費でタクシーを借り上げることを決めた。29日の市議会で、

この費用約230万円を含む補正予算を賛成多数で可決した。

出席者の3分の1近い7人の市議は、公平性に疑義があると反対した。

 市によると、市立清和台幼稚園を来年3月末で廃園する方針になり、

こども2人の来春の入園を考えていた保護者が別の市立こども園への

9月からの通園を希望。区外からの通園は保護者が自家用車などで

送迎しているが、この保護者は「運転に不安がある」などと訴えた。

市は9月から来年3月まで1日あたり1万7700円、130日分

の予算を計上した。

 29日の市議会では、このこども園への通園を園区外として

断念した保護者も複数いることなどから「公平性、公正性、透明性に

疑義がある」として、この支出を除く修正案を共産などの一部議員が

提出したが、市案が可決された。

**************

 

という内容のものです。

個人の困りごとに市が寄り添う予算をつけるのは、

とてもいいことだと思いますが、

その予算には公平性や継続性が無ければなりません。

他にも希望者がいたら同じようにタクシー通園を認めるのか?

毎年毎年、「車での通園に不安がある」保護者を募って、

全ての保護者にタクシー代を公費で負担できるのか、

自家用車で通園させている保護者の、車関係の費用負担は?

バスという代替案を検討したのか?

などなど。

 

そのご家族に何か個別な理由があったのかもしれません、

また市域が広く、公共交通機関を利用できない地域かもしれません。

また、今年の市長選挙への影響を考えたのかも知れません。

この記事を参考にして、伊丹市でも同様の要望が出てくると思います。

 

 

 


2022年7 月19日 (火)

2022年5 月28日 (土)

2022年4 月20日 (水)

2022年3 月22日 (火)

2022年2 月20日 (日)

2021年12 月13日 (月)

2021年4 月12日 (月)

2021年3 月28日 (日)

2021年1 月28日 (木)

2021年1 月21日 (木)