9月17日のNHKニュースに対する伊丹市教育委員会の対応

 

中秋の名月20210921

(9月21日、中秋の名月、少し雲隠れしてますが)

 

9月17日のNHKニュースに対して、

教育委員会に、とりたてて抗議の電話は無かったそうです。

 

対応を伺ったところ、

43人という数字は、9月13日その日だけの欠席者で、

長期か短期は区別していなという事でした。

漠然と感染が不安だから、と言う理由での欠席判断は、

国や県からの通達によるもので、基準通りに判断しているとのこと。

ただ、欠席の連絡があった時には、丁寧に内容を聞いたり、

感染防止対策などについてもお知らせはしているそうでした。

 

9月補正予算で(本日全会一致で可決されましたが)、

不登校対策支援員を配置することになりました。

不登校の実態として、今年の7月の数値ですが、

中学校全8校で合わせて、163人

小学校全17校で合わせて、43人となっています。

不登校とは、30日以上欠席している状態のことを言います。

 

今回の支援員配置は、コロナで学校に行きたくない、という子を始め、

長期の不登校児童生徒、又はその傾向のある子どもたちにも

寄り添い、登校することの不安を取り除くように、当たってくれます。

 

何をやっても正解かどうかわからない時代です。

学校にはいろんなことを相談されればいいと思います。

市教委には、保護者にどんなことでも、もっと相談してください、

とお伝えしてください、と求めておきました。

 


2021年9 月20日 (月)

2020年5 月 7日 (木)

2020年5 月 5日 (火)

2019年1 月14日 (月)

2018年8 月26日 (日)

2017年8 月29日 (火)

2017年6 月 7日 (水)