伊丹市に飲食店営業の時短要請が出ました!

 

Sakura2

(旧中央公民館、今池周辺の桜)

 

伊丹市は、緊急事態宣言が2月末に解除となりましたが、

兵庫県全体では感染の再拡大を受けて、

病床のひっ迫が心配される事態となりました。

そして、今も要請が続いている神戸市、尼崎市、西宮市、芦屋市に加えて、

伊丹市を含めた14市町の飲食店に営業時間の短縮要請が出されました。

期間は4月1日から4月21日まで、

営業時間は午後9時まで、酒類の提供は午後8時30分まで。

また、元に戻ってしまいました。

 

飲食店の皆さんは口々に「心が折れた」、とおっしゃいます。

モチロン、協力金は出ますが、もうお金の問題ではないんです。

お店を開けるという事は、仕事をするということ。

お店によっては、営業の時間帯はまちまちです。

夜の飲食店だけが感染源というエビデンスもないのに、

遅い営業だけがやり玉に挙げられ、仕事を奪われる。

もうお店を続ける気力もなければ、

規模に関係のない4万円の協力金では、

従業員の多いお店ではもう持ち堪えられない、

そんな状況だそうです。

 

毎日感染者の数が報告されますが、

数だけの問題でしょうか?

感染した人達の症状の割合は?

感染源はどこで、どういうルート(飛沫?接触?)だったの?

重篤患者は本当に新型コロナだけが原因?

 

重篤化すれば基礎疾患があっても、「コロナで!」と報道され、

ワクチン接種後にお亡くなりになっても、

「基礎疾患があったからワクチンとは関係ない」と報道されます。

 

私たちは、日常的にマスクをし、手洗いをし、距離を取り、

遠くに旅行することもやめ、帰省も我慢してきました。

その間に政府が取った対策はなんだったでしょうか?

病床確保はしたか?PCR検査をしたか?

対応する保健所の人員を拡大したか?

お店の規模に応じた支援金を出したか?

 

後手後手、グダグダの対応に腹が立ちます!

静かに咲く桜を見て、少しは気持ちを落ち着けるしかないですね。

 

Sakura1

(つかしんの金岡川沿いの桜)

 

 

 

 


2020年10 月 7日 (水)

2020年10 月 5日 (月)

2020年9 月20日 (日)

2020年9 月 8日 (火)

2020年8 月29日 (土)

2020年8 月25日 (火)

2020年8 月11日 (火)

2020年7 月27日 (月)

2020年7 月21日 (火)

2020年7 月19日 (日)