アイホールの活用検討について(資料あり)

 

17日の都市企業常任委員協議会で、

市民アンケートの結果が報告されました。

 

アンケート結果としては、

今のまま残すことは難しい、と7割の市民が考えていること。

演劇部の学生からは、専門家の指導が部活にとても有益である、

 アイフェスやアウトリーチは続けて欲しい。

演劇の専門家からは、発表の場としての箱を残して欲しい、

 既存の設備の維持までは求めない。

 

その上で今後の事業の方針が説明されました。

・向こう3年間は演劇ホールとして存在させるが、

・自主事業は行わず、劇団の方に積極的に利用してもらう

(貸館として適切な利用料を求める)。

・アイフェスは続ける。

・アウトリーチは、プロの支援をお願いする(今もそうです)。

・3年の間に、方向性を決める。

(演劇用のホールを別のホールに設ける、用途変更する、このまま貸館とするなど)

・補助金は、教育の分野での申請を考える(演劇の教育効果)

 

協議会に提出された資料をすべてをここに貼り付けます。

(クリックすればフルページでご覧いただけます)

 

Cover

P1

P2

P3

P4

P5

P6

P7

P8

P9

P10

P11

P12

P13

P14

P15

P16

P17

P18

P19

 

最後に令和2年度の事業決算も貼り付けます。

経費には財団の職員の人件費は含まれていません。

アイホールR2事業決算

 

アイフェスやアウトリーチが高評価ですが、

奏楽などの部活にも同様の支援があればなあ、とも思います。

 

今回の活用検討は、アイホールだけを狙い撃ちにしたものではなく、

伊丹市にホールが3つもあることから、

市民利用の度合いと経費負担を考えて、アイホールの活用が検討されたもので、

オール伊丹で考えるべき課題と思っています。

 

市民の声を聴け、と言う声に応えて市はアンケートを取りました。

その結果が自分達の思いと違う内容だったとたんに、

イヤ市民は何も知らないから、専門家に聞くべきだ、

市民の声でなく、市が演劇文化を主導すべきだ、

との声もいただいております。

 

長期的な視点で、伊丹市民のためになる決定がなされるよう、

議会でも引き続き議論をしてまいります。

 


2021年10 月15日 (金)

2022年7 月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
Powered by Typepad
登録年月 07/2006
フォトアルバム