伊丹病院の統合再編、全体の事業費は約487億円に!

 

 

統合新病院整備事業 新価格

 

3月末に入札不調となった、伊丹病院総合再編事業の工事入札。

6月議会で継続費の補正予算が議決され、

新たな工事費がほぼ確定しました。

 

学校共済組合さんの分を含めて、全体の整備費は

税込み約409億円が

税込み約487億円になります。

整備工事費のみを見れば、上の図にありますように、

市負担は約68億円(税込み)の増額となりました。

これは、円安や供給量不足による資材の高騰、

人件費の高騰が理由です。

値上げ分は、国の交付税の増加や

病院事業の増収(高度医療提供による診療報酬の上向き算定)で

吸収できるとしています。

 

整備工事については、

一部経費削減のために仕様を見直ししていることもあり、

入札公告は7月末を予定しています。

順調に進めば、9月末に事業者が決定します。

予定価格は、入札の関係もあり数字を明らかにすることはできませんが、

前回の価格(税込み約305億円)に、

補正分約68億円と共済組合分の事業費約10億円を

オンした価格になるのではないか、と推測します。

 

こんなに莫大な費用がかかるのなら、

立ち止まって考え直すべきでは、

人口減少で病院にかかる人が減って、収益が確保でいないのでは、

という意見もありました。

立ち止まったところで、資材と人件費の高騰は今後も続くでしょう。

再不調とならず、速やかに整備工事に着手できることを

期待しています。

 

 

 

 

 

 


2022年6 月25日 (土)

2022年6 月 6日 (月)

2022年4 月 4日 (月)

2021年12 月 1日 (水)

2022年7 月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
Powered by Typepad
登録年月 07/2006
フォトアルバム